MENU
学び(連載)

寺子屋教室-4

(R2年7月15日)

構造のわかる1級建築士 (その4)

構造のわかる1級建築士(その4)

思えば、構造支援を始めて40数年となり、「教育事業」も10年を超えました。

還暦も通り過ぎ、「健康管理」に留意しながら「全国各地」の後進の育成にお役に

立つことに毎日を過ごしております。

「東京・大阪」はいつでも「勉強会」は開催させて頂いておりますが、地方都市に

あっては、「会場の確保」「ホテル」「移動手段」と手配してもご参加者の少ないのに

毎回のように苦労します。自分自身も大阪から鉄路約3時間の日本海側の地方都市の

出身です。「大阪での法令講習」には一泊二日を余儀なくされます。正直、辛かった。

だからこそ、「地方都市」に着目して残りの人生のライフワークとして「地方都市開催」にこだわり、自分自身の苦労の体験を避けてあげたいのです。

来年(R3年)も、全国各地で開催予定ですが、自身の地方都市での苦労から一層の情熱を

傾けて「鹿児島市」「金沢市」「仙台市」「岐阜市」などの開催も模索しています。

他の地方都市でも大歓迎です。我が町での「開催ご希望」がございましたら「アンケート」にて是非リクエストをお待ちしています。

また、セミナー時間を午後のみとした「プチ勉強会」の地方都市開催も模索しています。

「学び方」は人それぞれです。当方の自宅学習の「基本学習編」が大変人気があります。

A4版 / 309ページにも及びますが、学ぶ気持ちの「初志貫徹」さえあれば苦になりません。

お陰様でご好評を頂き着実に「学び」を身に付けて頂きたく願う当方にしてみれば嬉しい限りです。「構造を見直す」ことに目覚めている方があることに感謝しています。

だからこそ「構造のわかる1級建築士」の見つめ直しをテーマに論評しているのです。