構造支援・構造設計塾のハシテック

MENU
構造支援・構造設計塾のハシテック
学び(連載)

海馬の刺激-3

(R3年3月05日)

学びに終着駅なし (その3)

学びに終着駅なし(その3)

「構造のご支援」を「ライフワーク」に全国各地で「学び」の中から感じたり、見えて

きたものから、「海馬の刺激」としてシリーズで論評します。

前回は南の島「沖縄県」でのご支援でしたが、今回は北の大地「北海道」です。

またしても、とっても感銘や驚愕に近い経験からの論評です。

2021年正月に「第2青函トンネル(鉄道・自動車の2階建て)構想」の記事に触れ、実現すれば往来交通の大動脈となりますが、実現の可能性に大動脈瘤の不安もよぎりました。

かれこれ10年以上の「神戸-札幌」の往来の中、ご参加者の中に「帯広市」からのご参加と聞いて地図を見て初めて「土地スケール感」を再認識しました。改めて、表敬訪問させて頂いた十勝地方は、「日本の食料基地」のような耕作地の広大さが目に焼き付きました。

氷点下23℃の真冬の厳寒期滞在では「PCがフリーズ」となった辛い経験もありました。

農業建築物と言われ・・・「今迄ご縁のない領域」ですが、主架構の骨組が脳裏を巡ります。ご支援の対象も「異分野」ではない・・・「何か出来る事」があると感じたのです。

その方は、「開拓魂」を内に秘めて「行動する」をモットーにされている十勝のパイオニアと映りましたし、感銘した記憶が蘇ります。何と1級建築士の上、「特許」を25件以上も取得されて「生き方の違い」をまざまざと見せつけられたように感じています。

「異分野ではない」取組みに何かのお役に立ちたく、「紳士的な交流」の流れに身を任せてここでも改めて「人生のあり方」の見直しにも役立ち感謝です。

学びに終着駅なしの「信条」は当方の故郷の過疎地での若年期の「学び」にあります。

今は初志貫徹を守り通しています。でも、時折、ふと思う不思議な気持ちの高まりです。

 

「脳のシプナス (信号)」である新生ニューロン(細胞)増加に「海馬の鍛え方」はないかなと。

 

脳医学書の中で見付けた「脳の海馬を鍛える」単純な方法論を述べます。海馬の刺激です。

・海馬を鍛えるメリット

 「記憶力の向上」・・・新生ニューロンの増加が活発になる。

 「ストレス耐性の向上」・・・海馬のストレス抑制機能をうまく働かせる。

 「やる気の向上」・・・海馬を鍛え、側坐核という器官を活発化させる。

 「集中力の発揮」・・・目の前の仕事や学びに役立つ。

           これが、「最も大切なもの」となります。

                                   結果は後からついて来る。                 

 「偏桃体」・・・ストレスをつかさどるもので、海馬がセンサー的な役割をもつ。

 

 

 

 

おすすめコンテンツ