構造支援・構造設計塾のハシテック

MENU
構造支援・構造設計塾のハシテック
学び(連載)

海馬の刺激-1

(R3年2月15日)

学びに終着駅なし (その1)

学びに終着駅なし(その1)

「構造のご支援」を「ライフワーク」に全国各地で「学び」の中から感じたり、見えて

きたものから、「海馬の刺激」としてシリーズで論評します。

「黄色本」の重要性や読破については、何度も論じておりますが、最近の自身の早朝での自習時間に「単行本」を読む機会が多くなっていることに気づいております。

またスゴロクの振出しに舞い戻ったように、海野哲夫著書の「構造学再入門」の中に

癒される記載内容をご紹介いたします。「おわりに」とある末尾の文面です。

ぼくらの本はごみだらけ。

えらくするのはビールだけ。

ビールはぼくらを楽します。

   本はぼくらを苦します。

原文のままです。驚きも、落胆も、嘆きも全てを包んでくれる「母の羊水」を感じます。ただ、私の場合は、「ビール」でなく「麦焼酎」になりますが・・・。夕方4時のお薬です。早朝から根詰めて、ご依頼の「技術資料」や講義の「配布資料」に明け暮れておりますが学びに終着駅なしの「ルーティンワーク」は初志貫徹を守り通しています。でも、時折、ふと思う不思議な気持ちの高まりです。

 

「脳のシプナス (信号)」である新生ニューロン(細胞)増加に「海馬の鍛え方」はないかなと。

 

脳医学書の中で見つけた「脳の海馬を鍛える」単純な方法論を述べます。海馬の刺激です。

・海馬とは

  記憶力に関する脳の部位。情報を短期記憶として保存し、長期記憶にしたい情報を

  大脳新皮質に送り込む役割をもつ小指サイズの「タツノオトシゴ」のような器官です。

・海馬の働き

 「記憶」・・・一時保管、重要度の振り分け

・海馬を鍛えるには

 「運動」する・・・発汗作用。

 「ストレス解消」・・・原因の認知、ウォーキング、朝日を浴びる、木の香りを吸う。

 「快眠」・・・満腹睡眠時間の記録、スムーズに寝付く

 「食事」・・・医食同源

 「癒し」・・・ゲーム、アプリケーション活用 (解剖学者の養老孟司氏の生活に感化)

 

 

 

 

おすすめコンテンツ