構造支援・構造設計塾のハシテック

MENU
構造支援・構造設計塾のハシテック
構造支援・構造設計塾のハシテック > リモート対応の学び-1
学び(連載)

リモート対応の学び-1

(R3年8月15日)

距離の壁 (その1)

距離の壁(その1)

 

お盆も過ぎると、秋の考査が待ち受けておりこのテーマを掲載時には、「そろそろ本腰」にならざるを得ない頃で、

各自の常日頃の「コツコツ積み重ね」の努力した方と「追い込まれたな」と感じる方など、人様々であり、まさに

「人生色々」です。

コロナの影響で、5月に本格運用させて頂き「リモート対応の学び」に経験回数を重ねて

見ますと、「反省点や改善の余地」にリモートのあり方や戸惑いを無くする努力が必要です。

真夏の7月には、北海道紋別郡西興部村公民館の会議室より「Zoom接続」をさせて頂き

まさに「距離の壁」を感じず、全国各地の方々と「音声と映像のリアルタイム」でした。

 IT機器に振り回されながら、対面・リモートも同時に各地で実践しています。

インターネット環境が良好であれば、「テザリング(端末とLAN等で接続された機器をインターネットに接続すること)」

など接続方法の応用により「移動車内」からの「モバイル対応」も可能となっています。

かれこれ、平成19年の法改正から10年以上の歳月を歩んで来て「様々な取り組み」の中

では、常に「距離の壁」を感じて、天候不順で空路・鉄路・高速道路など陸路の移動には

気の休まる日々はありませんでしたが、今は「長距離フェリー」の船内の時間が長いです。

 リモート対応の最大のメリットは、ご参加者の移動・宿泊など時間的制約が無くなる。

この事が、執務や行動の支障から開放される唯一の便利享受になっています。

無駄と思える政令の改正がない限り、「中央集権化」の弊害が、弱い立場の真面目な技術者に

「協力を求めてくる」ように感じます。毎年の受験に、一泊二日を余儀なくされる方々の切なる声に

政治の出番は・・・考えると、「選挙」の投票しかありません。

故郷が地方都市である当方の若年期に困った事は「距離の壁」を解決する最先端IT機器が

存在しなかった時代でしたが、今は5G時代であり「音声と映像のリアルタイム」に活用

出来る恵まれた時代となっています。

だからこそ、新建築士制度における「構造設計一級建築士」の講習制度や「付与資格の

あり方」もいずれ、政令改正も政権次第で議論の対象となるはずです。

大きな社会変革・再生(ルネッサンス)となれば、「中央集権化」の弊害も取りざたされ、

より一層の無駄の排除となり、世論の推移動向から、「政策のあり方」にも言及されて

くる事を期待いたします。

 

 

おすすめコンテンツ