構造支援・構造設計塾のハシテック

MENU
構造支援・構造設計塾のハシテック
構造支援・構造設計塾のハシテック > > 過疎地の活性化・雇用の創出に電解水生成装置の「フロンティア‐システム支援」を全国展開で推進 !!
コーヒーブレイク

過疎地の活性化・雇用の創出に電解水生成装置の「フロンティア‐システム支援」を全国展開で推進 !!

(R3年10月20日)

過疎地の活性化・雇用の創出に電解水生成装置の「フロンティア‐システム支援」を全国展開で推進 !!

 

 新型コロナウイルスの感染拡大等で、日本各地に基幹産業の衰退が見受けられており

当方の「全国展開の教育事業」の過去14年の実績から「雛の論理」に基づく内陸部の過疎地に

限定した社会貢献の「クリーン・リフレ」を用いた「フロンティア‐システム支援」を推進 !!

 

【お知らせ】

 ※ 「フロンティア‐システム支援」バナー(ご案内入り口)を公開しています。

 ※ 全国47都道府県のうち、8県など海に面しない内陸部などに限定した過疎地の

   活性化・雇用の創出」にご理解頂ける町役場・村役場や地域おこし協力隊などの

       お問い合わせ専用コーナーです。町長・村長さまからのお問い合わせをお待ちしています。

 ※ 社会貢献の「全方位見聞録」を、11月初旬に「高知県」・来年2月下旬に「鹿児島県」にて

        推進します。

    ※ 目指す終局スタイルは「カスケード」です。

  カスケード (英語 cascade) の原義は、連なった小さな滝である。

  建築分野では人工的に作ったものを指す。

  さらにその派生として連続したもの、数珠つなぎになったものを意味する言葉として

  各分野で用いられる。

  日本語でのカスケードはこの派生用法が主である。

   ※ 「男のロマン」vs「女のガマン」の楽しい闘いの実践です。

 

「画像」は、北海道・宗谷岬に立つ間宮林蔵 像です。(令和3年7月15日現地で撮影)

 

 

 

                

 
 

 

おすすめコンテンツ