構造支援・構造設計塾のハシテック

MENU
構造支援・構造設計塾のハシテック
構造支援・構造設計塾のハシテック > 木造建築物の合理化を考える-2
学び(連載)

木造建築物の合理化を考える-2

(R3年10月25日)

最新版「構1講習会テキスト」の変化(その2)

最新版「構1講習会テキスト」の変化(その2)

新型コロナウイルスの感染拡大等で対面講習が難しく、各種検定考査にも影響を落としているが、「構造設計一級建築士の講習会テキスト」の対応もご多分に漏れず、「web講習」となり、IT機器に翻弄されている。本来あるべき姿は、法改正してでも国土交通省自身が「公僕」として奉仕すべきものである。仕組まれた「政令」に外郭団体が寄り添い既に

制度の疲労や形骸化が目に付くのは衆知の事実で、利権放棄の政変でないと解決はない。

さて、過日今年度(令和3年度)の最新版「構造設計一級建築士の講習会テキスト」の抜粋として、第3章「構造設計各論」第1節「木造」を見る機会に恵まれました。感謝です。その記述の中です。当然のこと前回の論評にある「中層木造共同住宅」など木造建築物の推進に合わせた内容なのです。そうなると、「考査対策」に重要視せざるを得なくなる。

 耐震偽装事件から始まったこの「構造設計一級建築士制度」も既に14年となります。

過去に様々な「人生ドラマ」を見ており、あるべき姿を希求すれば結論はおのずと見える。

構造計算の出来ない一級建築士は、社会に通用しない・・・だからこそ、当方の活動は

「滅私奉公」と揶揄されても「ボランティア」としての「構造支援」なのです。

大きな組織の各種受験学院とは一線を介して「羅針盤」が異なります。

 「去る者は追わず来る者は拒まず」・・・「学びに終着駅なし」これが信条です。

 最新版「構1講習会テキスト」の変化では、まず「CLT」の記述である。

2018年改訂版から3年間は記述変更なく、今回は平成30年法律第67号を反映している。

だからこそ、講習会テキストの記述変化をしっかりと読み取れる方のみ「朗報」がある。

この「CLT」についての詳細を次回論じます。

 

 

 

 

 

 

おすすめコンテンツ