構造支援・構造設計塾のハシテック

MENU
構造支援・構造設計塾のハシテック
構造支援・構造設計塾のハシテック > CLTパネル工法を考える-3
学び(連載)

CLTパネル工法を考える-3

(R4年5月05日)

CLTパネル工法の現状(その3)

CLTパネル工法の現状(その3)

この内容は、R3年晩秋に高知県での「移動執務室」車内で滞在した時のものです。

この論評では「政治イデオロギー」は挟みません。日進月歩の技術革新の進む我が国の

CLTパネル工法について考えて見ますと、設計段階も含めてまず「現状認識」となる。

R3年10月には「木材利用促進法」の改正があり、公共建築に官公庁発注が促進される。

我が国の国産材の利用を促す背景には、政治要素が多分にあり「森林組合」など結社の

自由に基づき公金活用の陳情合戦が今にあるが、やはり長期的に利用減少となっている。

構造別の着工建築物のうち、非住宅に関し低層非住宅建築は鉄骨造(S造)が圧倒的多数と

なっており、改善方向を見出すには「コストバランス」に着目せざるを得なくなる。

いつもなら、「未確定」であっても「ルーチンワーク」に着手ですが、見送りする理由と

なるコスト比較を論じます。比較条件として以下の項目を列挙します。

・庁舎規模 : 延べ面積300 m2

・比較対象 : 木造軸組構法 vs. CLTパネル工法

・木造軸組構法平屋建ての耐力壁、屋根をCLTパネルに置き換える

・CLTパネル使用量は100m3

・CLT造の内装は素地表し

・CLT造と軸組構法の断熱仕様は同等

・設備工事に関してコスト差は無い

結果の概要は

・比較差の最大項目は「躯体費」: 木造軸組構法100 vs.  CLTパネル工法317

・内装は素地表しにより大きくコストカット

・直接工事費 : 木造軸組構法100 vs.  CLTパネル工法118

CLT価格の安定化、特性の最大限活用により在来工法との競合も可能性がある。

CLT先進国では、CLTパネル価格は7~8万円/ m3である。

CLT普及の拡大に「現状認識」が不可欠となっている。

 

 

おすすめコンテンツ