構造支援・構造設計塾のハシテック

MENU
構造支援・構造設計塾のハシテック
構造支援・構造設計塾のハシテック > CLTパネル工法を考える-4
学び(連載)

CLTパネル工法を考える-4

(R4年5月15日)

CLTパネル工法の現状(その4)

CLTパネル工法の現状(その4)

この内容は、R3年晩秋に高知県での「移動執務室」車内で滞在した時のものです。

この論評では「政治イデオロギー」は挟みません。日進月歩の技術革新の進む我が国の

CLTパネル工法について考えて見ますと、設計段階も含めてまず「現状認識」となる。

その設計段階における状況は以下のとおりであり、実務者の奮起が促される。

【設計実務者】

・通常の建築確認 : 建築可能となってまだ数年

・CLTパネル工法使用の設計者 : 実務者が少ない

・CLTの実務経験がない設計者が多い

【法整備の周知期間】

・CLTに関する告示の施行と周知徹底

【告示の対応】

・告示における樹種の追加 : 基準強度はスギに相当する強度等級

・平成30年にヒノキ、カラマツ、トドマツ材のCLTパネルの基準強度を告示の追加

【現在の立ち位置】

・CLTを用いた建築物の設計や施工が出来る設計者を増やす段階、初期段階である。

実務者に様々な規制がかかり、「やる気」のない一級建築士にならない事を切望します。

CLT普及の拡大に「現状認識」が不可欠となっている。

 

 

おすすめコンテンツ