構造支援・構造設計塾のハシテック

MENU
構造支援・構造設計塾のハシテック
学び(連載)

新しい展開-1 

(R4年6月15日)

フロンティアスピリット(その1)

フロンティアスピリット(その1)

「構造のご支援」を「ライフワーク」に全国各地で「学び」の中から感じ、見えてきた

ものから、「新しい展望」としてフロンティア-スピリットによる行動変容です。

「耐震偽装事件」から始まった、自身の「ご支援」に気付きがあり終わりの活動です。

同姓同名の溺愛頂いた故郷の故橋本省三豊岡市長には 天風颯爽幾年不易 と色紙で頂きました。

スゴロクの振出しに舞い戻ったように、若年期の「距離の壁」の中にいかように天風が

吹いても「真竹節」のシナリをバネに「開拓精神」を新展望として推進いたします。

石垣島出身の法学・教育者で、第7代早稲田大学総長・大濱信泉先生の記念碑が建つ南の

離島・石垣島の「大濱信泉記念館」から北海道紋別郡西興部村の公民館まで全国展開での

縦断活動は約3,200 kmにも及び「二宮金次郎スタイル」を維持しつつ「間宮林蔵」です。

そしてこの記事も苫小牧東港に「フェリー」到着後に北海道勇払郡むかわ町から発信です。

明日から、「夏季の北海道紋別郡西興部村のコテージ」にお盆前まで長期滞在となります。

 北海道大学卒の海野哲夫先生の著書から

ぼくらの本はごみだらけ。

えらくするのはビールだけ。

ビールはぼくらを楽します。

   本はぼくらを苦します。

原文のままです。驚きも、落胆も、嘆きも全てを包んでくれる「母の羊水」を感じます。ただ、私の場合は、「ビール」でなく「麦焼酎」になりますが・・・。夕方4時のお薬です。早朝から根詰めて、ご依頼の「技術資料」や講義の「配布資料」に明け暮れておりました学びに終着駅なしから「日本最北端駅 / 稚内駅」の鉄路の×を見て、「リダンダンシー」の

「永遠」を感じ、静岡県島田市川根町笠間上での米国人水産学者である「クラーク・

シェリー」女史の生きざまから、「鄙の論理」を実践するべく着眼点の異なる取り組みに

帯広市の「内海 洋さま」との10年来の盟友からの「フロンティアスピリット」です。

 

「厳しい自然現象」の過疎地に生まれ、「憧れ」や「学び」に苦しみ得た結論です。

 

・海に面しない内陸型農林水産業+水耕栽培型農林水産業の新しい展開

  汽水、淡水ではなく「海水の生成装置」による過疎地の活性化と雇用の創出システム

・あらゆる自然現象逆活用エネルギーのカスケードな奇策に行動変容

 「夏の果実」・・・「冬に出荷」など、フロンティア-システム支援

 「春夏秋冬」・・・過疎地・遊休地の活性化を通年で自然現象のクリエイティブ支援

・海馬を鍛え、健康を維持

 「運動と食事」・・・高地の有酸素運動と医食同源

 

 

おすすめコンテンツ