構造支援・構造設計塾のハシテック

MENU
構造支援・構造設計塾のハシテック
構造支援・構造設計塾のハシテック > > 二宮金次郎スタイル : 見えてきた木造の構造関係法令等の改正内容!!
コーヒーブレイク

二宮金次郎スタイル : 見えてきた木造の構造関係法令等の改正内容!!

(R4年8月05日)

二宮金次郎スタイル : 見えてきた木造の構造関係法令等の改正内容!!
 
耐震偽装事件のあと、建築基準法改正により「構造計算の重要性」が益々高まり
参議院選挙も終わり、木造建築物の合理化等による法改正の内容も見えて来ました。
まもなく、その「講習会」などが全国各地で開催され、否応なく「学び」となります。
 
その骨格は
CLTパネル工法を用いた建築物又は建築物の構造部分の構造方法に関する安全上必要な技術的基準を定める等の合理化の改正
 
その要点は

➀中層CLTパネル工法 /「3階建て以下」☞「6階建て以下」

②使用可能なラミナ厚 /「24~36㎜」☞「20~50㎜」

③矩形以外のCLTは使用不可 / 矩形以外も使用可能

④2以上の連層耐力壁の使用 / 「ルート③又は限界耐力計算」☞「ルート②又はルート①」

⑤構造特性係数Ds値を合理化 / 改正後「0,4」に統一

⑥ルート②の応力割増係数合理化 / 「2.5」☞「2.0」

⑦終局引張耐力 / 「135kN」☞「250kN以上」

⑧小開口の基準の合理化 / 25cm以下へ緩和、許容耐力の計算に算入可能

⑨ルート➀の許容耐力の計算/ 壁列脚部の転倒モーメントを基準とする方針を使用可能

⑩その他 / ルート②の構造計算 ☞ 引張接合部の必要性能の基準の明確化

     ルート①の構造計算 ☞ 壁パネル設置なしの脱落防止措置を行う事を明確化

 

※追加情報 / 2022年2月1日、社会資本整備審議会による答申と閣議決定について

 国土交通省は、政令改正により「小規模木造建築物等の構造安全性を確認するための措置」となります。

 ・2025年度以降に「省エネ基準への適合」を義務付ける。

 ・構造種別を問わず、階数2以上又は述べ面積200㎡超の建築物は、都市計画区域等の内外に関わらず、建築確認や検査の対象となる。

   ・木造建築物のうち、構造安全性の確保に構造計算が必要となる小規模建築物の範囲を500㎡超から300㎡超のものに拡大する。 

 ・小規模な伝統的構法に限界耐力計算を採用しても、構造設計一級建築士関与や適判資格者の建築確認審査の場合には「適合性判定」は不要。

 ・鉄骨造に「ルート①-3」の追加が見込まれる。(高さ16m以下かつ階数3以下)

 

北海道紋別郡西興部村のコテージ生活でも、早朝4時より日々コツコツとルーチンワークです。

「人生一回限り」です。悔いのないよう全身全霊、滅私奉公に頑張ります。
 
実務の構造計算が出来ない・しないでは、社会は評価いたしません。
 
目線を受験者に合わせれば「何が欠けている」か、その為には「何を為せばならぬ」かです。
共に手を携えて「二宮金次郎スタイル」で学びに「日々コツコツとルーチンワーク」です。
常に、「一歩先」を見据えてスマートソリューション推進を行います。
 
世の中の推移をしっかり自分の目で見届けましょう。
 
「構造」は誰も教えてくれません・・・「構造の出来る1級建築士」のご支援です。
 
画像は、「二宮金次郎スタイル」です。
「学びに、終着駅なし」
 
 
 
 

 

 

 

おすすめコンテンツ