構造支援・構造設計塾のハシテック

MENU
構造支援・構造設計塾のハシテック
学び(連載)

理想郷を考える-1 

(R4年10月15日)

理想郷を考える(その1)

理想郷を考える(その1)

この内容は、R4年夏に北海道紋別郡西興部村のコテージにて長期滞在した時のものです。

この論評では「政治イデオロギー」は挟みません。限られた人生のライフスタイルの思考

から考えて見ますと、自分の立ち位置も含めてまず「価値観の認識」になると思います。

R4年6月には「木造建築物の合理化等」の法改正があり、木造建築物の発注が促進される。

我が国の国土面積は約3,780ha(外務省資料)に対して、森林面積は約2,500ha(林野庁資料)となっており約66 %が森林である。国産木材供給量は、住宅着工数の減少や木材輸入の

全面自由化等により長期的に減少である。しかしながら、資源のない我が国にとって森林

資源への莫大な投資も見え隠れしている。「CLTパネル工法」に緩和・利用促進となれば

建物階数の6階建てまで可能であり、鉄筋コンクリート壁式構造に準じた「木造壁式構造」の躍進となる可能性もあります。木材は「生き物」であり乾燥湿潤等「木が呼吸する」という自然環境にもやさしく適応のしやすい「エコロジー」とも言われる所以でもあります。

この「社会環境」から、住宅だけに限定せず多用途に「森林資源」の活用が期待される。

過日、鹿児島県姶良郡湧水町に鹿児島県立の旧高等学校の分校校舎を「九州地区」での「大規模なCLTパネル生産工場」が稼働を開始した事を知りました。是非とも、湧水町

木場地区へ取材活動にアクションを起こしたく思っています。熊本県南端から鹿児島県の

最北部に立地し、「九州自動車道・吉松IC」のアクセスも近く生産品の物流にも熟慮され

湧水町森林組合等の調整も出来てのスタートでしょう。国内での供給に限らず輸出も視野

に入ると報道で知りました。北の大地で「フロンティア-スピリット」を意識すれば当然

「理想郷」を考える選択肢のひとつにもなります。

 あるがままに、「やりたいことをやらせて頂ける」ことに感謝し、健康管理しながら

来年の「行動変容」の日程へ組み込んでいます。

教育事業を全国各地に展開しており、新素材による「特殊な構造方法」を見るたびに

「構造のご支援」の方向性において羅針盤に「一筋の光」を感じています。

元気な間に「社会貢献」させて頂けるようにより一層、「体調管理」をしています。

 

 

おすすめコンテンツ