構造支援・構造設計塾のハシテック

MENU
構造支援・構造設計塾のハシテック
学び(連載)

脚下照顧・燈台下暗し-1 

(R4年12月15日)

脚下照顧(その1)

脚下照顧(その1)

この論評は、令和4年6月~8月に長期滞在した北海道紋別郡西興部村のコテージ生活の中で書き下ろしたものです。気楽にお読みいただければ幸いです。

いつもの西宮の生活から「北海道の北部」にある小さな村のコテージ生活は、まさに足元

の靴・スリッパの整頓から「禅の教え」として郷里の菩提寺に木板に掲げられて戒めでした。「欲望の塊」である人々の我欲は、留まる事なく「快適化」を追求し、「ひと・もの・お金」に翻弄されて、マインドコントロールされる「宗教団体」にのめり込む方まで悲惨な結果を日々のTV報道で見つめています。「政教分離」が大切な自己形成の要素とも思えます。

私の趣味は、「構造計算」だけではない・・・最近になって「車旅」の楽しさに魅了され諭吉さまのご機嫌を伺いながら、1回限りの人生を楽しんでいます。

友人のブログで見た「北海道の閑雲野鶴生活」に憧れて、即、実践ですが、「現役」の

抱える「日程スケジュール」に絡み、「調整」や「辛抱・我慢」もあります。

楽しむ事に付いてまわるのが、「健康」です。体重と身長の関係値(BMI)は概ね20をキープ。

そこには、「菜食主義」があり、「肉系脂質」を極力避けた食生活となっています。

 過去に、移動三昧の「構造のご支援」では、ビールの戯れもあり自分自身の自己反省を

繰返していました。1ヶ月のうち、西宮の自宅は1週間程度しか生活せず、家内共々、全国各地の「ホテル生活」と「空路移動」の教育事業の展開でもありました。

当社の「顧問税理士」さまから、ガレージにあるステーションワゴンの活用を進言されて

移動形態の変化となり、赴任先々において「賃貸マンション」での多重拠点生活でした。

少しずつ、移動形態にも変化が見え始めて、受講者からの「社宅」の提供も頂き感謝となる

行動日程スケジュールに無理があり過ぎる・・・気付き出しての「避寒・避暑」を考えて

「理想郷・理想スタイル」となったのが、2年前の「北海道紋別郡西興部村のコテージ生活」の開始と「コテージ内からのZoomリモート講義」やインターネット環境完備による西宮の執務室と同じ環境の構築が北緯44度の避暑地でもある「北海道の北部」で始まりました。

改めて、自分の若年期の生い立ち、田舎、働き方改革など考慮したささやかな構造支援の

全国展開から出来る範囲の滅私奉公です。

北緯35度の「関西」から北緯44度の「北海道の北部」での長期滞在生活も2回目となり

「乳製品・肉・魚・野菜」の現地調達と持ち込んだ故郷の白米で自炊生活です。

足元をよく見て、自己反省を促しながら、「常に備え」の学びの資料作成です。

このように叶えられる最低で最大の条件は「健康」であること・・・感謝以外ありません。

 

 

おすすめコンテンツ