構造支援・構造設計塾のハシテック

MENU
構造支援・構造設計塾のハシテック
コーヒーブレイク

R 4 年 構 1 受験 応援セール(5/20~7/31)を開催!!

(R4年5月20日)

 R 4 年 構 1 受験 応援セール(5/20~7/31)を開催!!
 

6/11(土)の「R 3 年度・構 1 反省会」ご参加の方に限り、全ての通販テキストを

一般の方は「定価の 30 % off」、ハシテック会員は「半額」にて全て電子納品(PDF)です。

7月末迄の「応援セール」です。

全て電子納品・ペーパーレス化、「デジタル推進」によるご支援です。

 
ささやかな構造支援の輪を拡大して参ります。
 
 
学び方は人それぞれです・・・しかし、誰も教えてくれません・・・誰もご支援していない
取組みこそ私のライフワークです。
 
 
 
 

 

 

 

嬉しいメールに感謝感激!!

(R4年5月17日)

嬉しいメールに感謝感激!!
 

世の中の推移に、季節が進む今年の6月中旬からお盆前まで「夏の北海道」でルーチンワーク生活です。

静岡県浜松市の方から「嬉しいメールに感謝感激」です。

「人生一回限り」・・・悔いの無いライフワーク。

今年の考査対策も本格化しました・・・「怠けたらまた来年」です。

画像は「津軽海峡」を北へ進む新日本海フェリーの船首です。

 

他人と同じではダメ・・・悔いなく、「社会貢献」の輪を拡大して参ります。
 
ご一緒に取り組み、真剣に学びましょう。  
 
 
学び方は人それぞれです・・・しかし、誰も教えてくれません・・・誰もご支援していない
取組みこそ私のライフワークです。
 
 
 
 

 

 

 

R 4 年 構 1 講習(9/12~9/22)・修了考査(11/06)日程の公表 受験対策も本格化 !!

(R4年5月17日)

R 4 年 構 1 講習(9/12~9/22)・修了考査(11/06)日程の公表され 受験対策も本格化 !!
 

 R 4 年  構 1 講習(9/12~9/22)・修了考査(11/06)日程の公表され 受験対策も本格化です。

6/11(土)には、出題形式変更に対応出来るように「R 3 年度-構 1 反省会」もご用意です。

「テキスト通販」には、「限界耐力計算限定・保有水平耐力計算限定」など新商品もご用意し

6月末にはさらに新商品も加わり充実いたします。

「自分で構造計算が出来る」の有料リモートも始まり、さまざまなご支援を展開しています。

コツコツ、早朝より「黄色本の読破」・・・怠けたら「また来年」です。

構造計算が出来ない一級建築士は、「社会の評価」から取り残されます。

ご一緒に取り組み、真剣に学びましょう。  
新型コロナウイルスの感染拡大等で、常に「安全最優先」にてリモート対応しています。
 
ささやかな構造支援の輪を拡大して参ります。
 
 
学び方は人それぞれです・・・しかし、誰も教えてくれません・・・誰もご支援していない
取組みこそ私のライフワークです。
 
 
 
 

 

 

 

CLTパネル工法を考える-4

(R4年5月15日)

CLTパネル工法の現状(その4)

CLTパネル工法の現状(その4)

この内容は、R3年晩秋に高知県での「移動執務室」車内で滞在した時のものです。

この論評では「政治イデオロギー」は挟みません。日進月歩の技術革新の進む我が国の

CLTパネル工法について考えて見ますと、設計段階も含めてまず「現状認識」となる。

その設計段階における状況は以下のとおりであり、実務者の奮起が促される。

【設計実務者】

・通常の建築確認 : 建築可能となってまだ数年

・CLTパネル工法使用の設計者 : 実務者が少ない

・CLTの実務経験がない設計者が多い

【法整備の周知期間】

・CLTに関する告示の施行と周知徹底

【告示の対応】

・告示における樹種の追加 : 基準強度はスギに相当する強度等級

・平成30年にヒノキ、カラマツ、トドマツ材のCLTパネルの基準強度を告示の追加

【現在の立ち位置】

・CLTを用いた建築物の設計や施工が出来る設計者を増やす段階、初期段階である。

実務者に様々な規制がかかり、「やる気」のない一級建築士にならない事を切望します。

CLT普及の拡大に「現状認識」が不可欠となっている。

 

 

CLTパネル工法を考える-3

(R4年5月05日)

CLTパネル工法の現状(その3)

CLTパネル工法の現状(その3)

この内容は、R3年晩秋に高知県での「移動執務室」車内で滞在した時のものです。

この論評では「政治イデオロギー」は挟みません。日進月歩の技術革新の進む我が国の

CLTパネル工法について考えて見ますと、設計段階も含めてまず「現状認識」となる。

R3年10月には「木材利用促進法」の改正があり、公共建築に官公庁発注が促進される。

我が国の国産材の利用を促す背景には、政治要素が多分にあり「森林組合」など結社の

自由に基づき公金活用の陳情合戦が今にあるが、やはり長期的に利用減少となっている。

構造別の着工建築物のうち、非住宅に関し低層非住宅建築は鉄骨造(S造)が圧倒的多数と

なっており、改善方向を見出すには「コストバランス」に着目せざるを得なくなる。

いつもなら、「未確定」であっても「ルーチンワーク」に着手ですが、見送りする理由と

なるコスト比較を論じます。比較条件として以下の項目を列挙します。

・庁舎規模 : 延べ面積300 m2

・比較対象 : 木造軸組構法 vs. CLTパネル工法

・木造軸組構法平屋建ての耐力壁、屋根をCLTパネルに置き換える

・CLTパネル使用量は100m3

・CLT造の内装は素地表し

・CLT造と軸組構法の断熱仕様は同等

・設備工事に関してコスト差は無い

結果の概要は

・比較差の最大項目は「躯体費」: 木造軸組構法100 vs.  CLTパネル工法317

・内装は素地表しにより大きくコストカット

・直接工事費 : 木造軸組構法100 vs.  CLTパネル工法118

CLT価格の安定化、特性の最大限活用により在来工法との競合も可能性がある。

CLT先進国では、CLTパネル価格は7~8万円/ m3である。

CLT普及の拡大に「現状認識」が不可欠となっている。

 

 

【商品内容の簡易説明】

建設地等

・東京都 (企業社屋・事務所)

・構造計算書 、意匠・構造略図付き / A 4 版

商品内容

・RC造6階建て (共通)

・限界耐力計算に限定 / 47 ページ (表紙・目次含む)

・保有水平耐力計算に限定 / 26 ページ (表紙・目次含む)

・保有水平耐力計算には、基礎の耐震計算付き (杭の水平力検討)

 

 

R3年度・構1反省会 (6/11 : 西宮からリモート対応 ) ご参加者募集 !!

セミナー概要

R3年度-構1反省会 リモート対応セミナー参加者募集!!
西宮からリモート対応による構1反省会!!
6/11の開催となります。
※R4年度に、「構1修了を目標」を目指すために学びます。

※当日ご参加出来ない方には、「当日配布資料」の通販を3月01日(月)よりご用意しています。

R3年度-構1反省会 リモート対応セミナー参加者募集!!
西宮からリモート対応による構1反省会!!
6/11の開催となります。
※R4年度に、「構1修了を目標」を目指すために学びます。

※当日ご参加出来ない方には、「当日配布資料」の通販を5月01日(日)よりご用意しています。

 

 

概要

■ R3年度の設問から見えてくる「構1修了」に必要な「能力レベル」に着目した独自カリキュラム内容です。
■各自の職場では 「教えて頂く」ことが困難な方のご支援です。

【講座内容】の概要と進め方

 R3年度の設問から見えてくる「構1修了」に必要な「能力レベル」に着目した独自

カリキュラム内容です。

各自の職場では 「教えて頂く」ことが困難な方のご支援です。

※ご参加お申し込み会場以外の地区での振替受講も可能です。

各会場とも、下記の内容で進行します。

6/11・土曜日「法適合確認の対策 」・・・午前の2時間30分 (10:00~12:30)

6/11・土曜日「構造設計の対策 」・・・午後の2時間30分 (13:30~16:00)

 

【ご参加者の心構え】

構1修了となる能力レベルに着目した午前と午後の反省会です。

構造設計一級建築士講習テキスト(2021年改訂版)と

建築物の構造関係技術基準解説書(黄色本2020年版)が必修です。

 

【当方のご支援のあり方】

全国津々浦々、理解度の違いも克服しながら「分かった、理解できた!!」を目指すものとして

「全身全霊の全力投球」にてご支援を予定しています。すべては「黄色本」から始まります。

日程

(西宮からリモート対応開催)  
法適合確認 / R4年6月11日(土) 10:00~12:30
構造設計 / R4年6月11日(土) 13:30~16:00

(西宮からリモート対応開催)  
法適合確認 / R4年6月11日(土)  10:00~12:30 
構造設計 / R4年6月11日(土)  13:30~16:00 

 

 

 

 

 

 

会場

ご参加者の各自のご自宅からZoomにてご参加

ご参加者の各自のご自宅からZoomにてご参加

 

 

定員

定員10名程度









定員10名程度 

 

講師

橋本 省三

橋本 省三

構造設計1級建築士 あらゆる計算実務歴40年 元確認検査機関で適合性判定の審査を担当

受講費用(配布資料込み)

一般の方 : 5,500円(消費税、配布資料込、通販は+送料370円)

ハシテック会員 : 4,400円(消費税、配布資料込、通販は+送料370円)


一般の方

一般の方   :  5,500円(消費税、配布資料込、通販は+送料370円)

ご優待の方

ハシテック会員 :  4,400円(消費税、配布資料込、通販は+370円)

主催

構造支援のハシテック TEL0798-70-7033

兵庫県西宮市六軒町3番10-101号
担当:橋本千加子
携帯:090-7101-7542

参加申し込みフォーム

申し込みを行う

注意事項

※ 本講座は、「構造設計1級建築士の合格」を保障、担保するものではありません。

詳しくはこちらから

    R3年度・構1受検反省会-6/11(土)西宮からリモート対応セミナー参加

    R2年度・構1受検反省会-通販

    貴社名
    お名前(必須)
    フリガナ(必須)
    郵便番号(必須) -
    ご住所(必須)
    電話番号(必須)
    FAX番号
    メールアドレス(必須)
    お問い合わせ

    上記、送信内容を確認しました。

    CLTパネル工法を考える-2

    (R4年4月25日)

    CLTパネル工法の現状(その2)

    CLTパネル工法の現状(その2)

    この内容は、R3年晩秋に高知県での「移動執務室」車内で滞在した時のものです。

    この論評では「政治イデオロギー」は挟みません。日進月歩の技術革新の進む我が国の

    CLTパネル工法について考えて見ますと、設計段階も含めてまず「現状認識」となる。

    R3年10月には「木材利用促進法」の改正があり、公共建築に官公庁発注が促進される。

    我が国におけるCLTパネルの材料供給の現状を項目ごとに示す。

    【JAS認定工場】

    ・CLTパネル工法 : 直交集成材のJASに規定

    ・CLTパネル樹種 : 北海道はカラマツ材が多くトドマツ製造も検討、本州ではスギ材

    ・日本全国にJAS認定工場は8社 、加工まで一貫生産は5社

    ・日本全国で製造されるCLTパネルの合計は年間7万m3程度

    ・CLT製造の新規参入は難しいのが実情(全方向プレスが必要)

    ・CLT製造に集成材設備では対応不可能、現状では採算が取れない

    【納入体制】

    ・ひき板(ラミナ) の製造 : 乾燥及び切削など

    ・ひき板(ラミナ) の仕分け : 強軸と弱軸(直交)方向のラミナの仕分けなど

    ・CLTの製造 : ラミナ及びプライの仕組み及び接着

    ・成形加工と輸送体制 : 納期は3~4ヶ月

    【今後の動向】

    ・CLT製造の採算の取れる公的支援

    ・官公庁が積極的にCLTパネルを利用

    接合金物については、木住センターの「クロスマーク表示金物」が推奨されている。

    CLT普及の拡大に「現状認識」が不可欠となっている。

     

     

     

     

     

     

    一隅を照らし続ける・ルーティンワーク

    (R4年5月08日)

    一隅を照らし続ける・ルーティンワーク
     

    「ゴールデンウイーク」も終わり、今秋の「修了考査対策」が本格化します。

    構 1 受験対策の一環として、「限界耐力計算」と「保有水平耐力計算」に限定した設計例もご用意しました。

    適合性判定の中でも「難易度の最も高い」高度な計算に君臨する有益な構造計算例 (RC造 6 F) です。君臨する「限耐計算・保耐計算」の最高位の計算例をマスターしましょう。

    「怠けたらまた来年」・・・エンドレスに続く。「他人に出来て」自分に出来ない理由を知れば解決する。

     

    「一隅を照らす」努力をより一層進めて、更なるご要望に対応です。

    毎朝 1 時間の「黄色本の読破」・・・やってますか ?

    結果は、後からついて来る。

     

    他人と同じではダメ・・・悔いなく、「社会貢献」の輪を拡大して参ります。
     
    ご一緒に取り組み、真剣に学びましょう。  
     
     
    学び方は人それぞれです・・・しかし、誰も教えてくれません・・・誰もご支援していない
    取組みこそ私のライフワークです。
     
     
     
     

     

     

     

    おすすめコンテンツ