構造支援・構造設計塾のハシテック

MENU
構造支援・構造設計塾のハシテック
学び(連載)

黄色本 2020 年版改訂-5

(R3年1月25日)

黄色本 2020 年版の改訂 (その5)

黄色本 2020 年版の改訂(その5)

2020年版黄色本の改訂では、第6章の「保有水平耐力計算等の構造計算」は

かなり書き換えや新しい記述がありました。また、付録1「構造関係規定に関する

技術資料」にも目を配る必要があり、あちこちに新しい記述が入り注目しています。

黄色本2020年版を用いた今年のセミナーでも下記のことを触れます。

 

「重要なページ」は、例えば一例として

 

【変形増大係数】→ P-328

【耐震計算のフロー】→ P-331

【ニューマーク理論】→ P-341

【崩壊形・崩壊メカニズム】→ P-346 (最も重要)

【脆性部材と靱性部材の復元力特性】→ P-347

【Dsと塑性率μ】→ P-360

【S造のDs】→ P-372 (最も重要)

【RC造のDs】→ P-393 (最も重要)

【SRC造のDs】→ P-415 (最も重要)

【木造のDs】→ P-425 (最も重要)

【S造の二次設計の構造計算フロー】→ P-354

【RC造の二次設計の構造計算フロー】→ P-379

【SRC造の二次設計の構造計算フロー】→ P-409

【構造計算ルートと仕様規定の適用関係のフロー】→ P-421

【地震力に対する建築物の基礎の設計指針】→ P-431

【露出型柱脚を使った建築物の計算別の設計フロー】→ P-636

【部材の終局強度式】→ P-659~ (最も重要)

【剛節架構外のnの値】→ P-694

【ピロティ形式の建築物に対する耐震設計上の留意点】→ P-744

【強度割増し係数αp】→ P-754

【EXP,J関係】→ P-765

 

是非、お時間があればセミナーへご参加をお待ちしています。

 

 

黄色本 2020 年版改訂-4

(R3年1月15日)

黄色本 2020 年版の改訂 (その4)

黄色本 2020 年版の改訂(その4)

2020年版黄色本には過去にもあった各ページ右欄外に黒傍線部を付けています。

この対応は「2015年版」からの内容に変更の加わった箇所として示しています。

ただ残念なのは、「正誤の正誤」と連鎖が続くことです。さらに、熟練者の年齢層から

コピーペーストした図、表の活字書体の大きさが小さく「ルーペ」の必要もあります。

製本の過程で気がついているはずです。そこに、ガバナンスのメスが入らず読者から

指摘を受けての増刷時の修正になるのでしょうか。本の重要性で指摘するならば

編集の責任も指摘されなければ不平等の感が拭えません。増刷で逃げることこそ

恣意的な操作と言われる所詮であり、完璧を求めるのは無理であるなら「時間」を

かけて編集時と印刷時の調整を真摯に行わなければ「正誤の連鎖」は止まりません。

今回も、第1刷発行(R2年10月26日)の14日後、R2年11月9日には「第2刷」で販売

した状態で、読者にとっては落胆の連続です。

2020年版黄色本において、「重要なページ」は2015年版とあまり変わらずですが

第6章の「保有水平耐力計算等の構造計算」はかなり「リニューアル」されており

一朝一夕には参りません。「焦点をぼかした」記載を改善された部分もあり何度も

読み返し、お経のように「読み上げ」たり「自分の手書き」がとても大切になります。

唯一、崩壊形を求める方法に2020年版にはP-398の8行目の①の記述 が2007年版

以来の再記載となっており、実務者には「余耐力法」へ持ち込む目安となります。

世の中の進歩で先端IT機器も頼りになりますが、「海馬の刺激」にはなりません。

少しずつでもいいですから、早朝誰も邪魔の入らない時間帯に「毎日1時間」の

自己研鑽がお役に立つ近道です。決してあきらめない強い「初志貫徹」の信念にて

798ページの完全読破に挑戦されることをお薦めいたします。

 

 

黄色本 2020 年版改訂-3

(R3年1月05日)

黄色本 2020 年版の改訂 (その3)

黄色本 2020 年版の改訂(その3)

過去に、この「構造を学ぶ<連載>」にて、黄色本をテーマに取り上げました。

「いまさらながら黄色本」としてこの本の重要性を論評しています。2015年版は

785ページの膨大な情報量に唖然とする方、黄色本の存在すら知らない全国津々

浦々、様々で真っ新な「黄色本」を抱えてのご参加者もあり残念でたまりません。

しかし、今回の2020年版はページ数も13ページ増えて798ページとなっています。

この全容把握にR2年11月は没頭していたのです。それもそのはず、今後の実務や

構造審査はこの2020年版があらゆる場面における判断のよりどころとなるからです。

すべては「黄色本2020年版」から始まります。これが真骨頂(本来の姿)です。

否応なしに「読破・完全把握」が壁となります。構造設計一級建築士の受験対策や

構造計算適合判定資格者にも座右の友となり、本の劣化が理解度となって現れることを

期待しております。「ボロボロ」になるまで読み通しましょう。

印字ミスを除いて、指摘されるのが嫌なら徹底的に「この本を自分のものにしろ」です。

当方では、2020年版黄色本を用いて、今年(R3年)の学びは「黄色本攻略から即戦力」

として全国各地(札幌・東京・西宮・福岡)の勉強会となっています。

2015年版の初版は、印刷ミスや「正誤の正誤」と連鎖が続き「手引書」とは程遠いのが

実務者には感じられたはずです。今回も第1刷から2週間後には第2刷です。

「正誤」や記述内容が落ち着くまで新黄色本の購入を差し控える方まであります。

次から次に「正誤」の出てくる編集理由の「説明責任」を全うして頂きたいし、誰もが

編集責任の所在を明確にしてほしいと望むのが本音です。

 

 

黄色本 2020 年版改訂-2

(R2年12月25日)

黄色本 2020 年版の改訂 (その2)

黄色本 2020 年版の改訂(その2)

我が国の政治での施策についての論評は差し控えますが、真面目にやればやるほど

馬鹿らしく思えることが多々あります。

元1級建築士の耐震偽装を恨むことより、日々研鑽し、日進月歩の技術進歩に真摯に

取り組み建築基準法の構造安全性に対する信頼を少しずつ取り戻して社会評価を受けて

世の中に出来る貢献で、ライフワークとして人生観の中へ据えられるよう心したい。

名古屋工業大学の市之瀬敏勝先生の言葉を借りますと、「人間は間違える動物である」

そして「欲望のかたまり」である。だからこそ、各種の検定・考査において欲望から

墓穴を掘るとまで言われて、妙に納得するものがあります。

改めて5年ぶりにリニューアルされて発行された「黄色本2020年版・第1版第2刷」を

手に取って初めて見た印象は、10月26日に第1刷とあり11月9日で第2刷とは・・・。

また、全国の実務者からの「印字ミス・齟齬」で修正を余儀なくされるはずである。

また、黒傍線部の今回の改訂により「新たに変更された部分」の内容を見てずいぶん

あちこち文面に手を加えている・・・大変だな。です。

11月中旬に地元の書店で入手した「黄色本2020年版」2冊、重さにして約4kgあります。

R2年11月は、この2冊のうち1冊を裁断し校閲しやすい形式にして2015年版と全容に

ついて、798ページを1行1句調べ上げたのです。今年の当方行事も全て終了しており

時間の許す限り細部の記述内容の照査であり、諸行無常の修行の様相を呈していました。

いずれまた、「正誤表」なるものが印刷物として出される。

早速、第2刷でも「印字ミス」です。P-673の27行目(付1.3-27式)が正しい。

P-716の付図1.4-5は、何故か同じものが2面追記されている・・・いずれ「正誤」か。

一冊の本を出版する苦労は、協力させて頂いた京都の上野嘉久先生の「実務から見た・・・」にてよく存じており、「出版社」とのゲラのやり取りに2年はかかります。日々の照査中にまたインターネット上の日本建築防災協会のHPに次から次に「正誤」が公表されると

なると溜息です。もっと、真摯に取り組んで頂きたいのが読者の総意です。

印刷会社に急がせた理由があっても、編集の責任として「正誤の連鎖」では心もとない。どの程度、表現をより判りやすくすることなったか・・・そこが読者の注目の的である。

 

 

黄色本 2020 年版改訂-1

(R2年12月15日)

黄色本 2020 年版の改訂 (その1)

黄色本 2020 年版の改訂(その1)

毎日「実務」「審査」など多岐にわたり利用の多いもの・・・ですが、2015年版が

発行され、2016・2018年には「追補」まで出たあと約5年の歳月を費やしてR2年

11月10日にテキストの一般販売開始となり、書店にて入手いたしました。

主な改訂内容は、以下の通りです。

 

今般発行される「2020年版 建築物の構造関係技術基準解説書」は、

2015年版第4刷に対し、新たに以下の項目を収録したものとなっています。

(一部の内容は「2018年追補」に含まれています。)

 (1) 2015年版(初刷)以降の質疑(Q&A)の反映
 (2) 2015年版第4刷以降の基準改正や技術的知見の反映
   (伝統木造に関する基準の合理化、小規模建築物・仮設建築物の一部規定の緩和、
    新たな材料に関する規定の追加、構造計算に関する規定の追加など)
 (3)各種災害を踏まえた状況と対応に関する記述の追加
 (4)その他、条文や参考文献の更新,記述の整理・明確化など

 

「黄色本」と呼称されるこの文献は、「建築物の構造規定」があり実務者にとって座右の

友であり、「羅針盤」のような存在です。それは、監修として国土交通省が関与して法体系の隅々まで編集協力しているのです。

我々実務者を取り巻く環境は、親方日の丸ではありません。ただ単に、外郭団体の存続や

利益誘導だけに甘んじる印刷齟齬・ミスの多い解説書に読者はしっかりと見届けています。

印刷会社はどこで、どのように発注されているのか、発行所の「全国官報販売協同組合」

なる団体とは・・・もっと「情報公開」が必要と思われます。

時に、行革担当大臣の「印紙」の廃止で困るのは「法務局内にある外郭販売団体」です。

資本主義社会の経済活動のコロナ禍の中、厳しい「経営」を強いられているのが大半です。

その事により「中央集権国家」として揶揄される原因なのです。

本来コロナ後に行うべき政策を前倒しの「Go To政策に疑問符 ? 」を誰もが感じています。

既に、政治のイニシアティブ(主導性)を喪失している。

R3年には「衆議院選挙」、しっかりと見据えて投票という「国民の権利の行使」です。

 

寺子屋教室-1

(R2年6月15日)

構造のわかる寺子屋指南 (その1)

構造のわかる寺子屋指南(その1)

耐震偽装事件から「法改正」となり、全国各地へ出向き様々な「構造のご支援」を開始して、10年以上の歳月を費やしております。また、その「活動」の中に多くなってきた

ものとして「滞在型ご支援」として、「構造のわかる寺子屋指南」があります。

実務に「意匠」しか行わないとか特定分野のみ関わっていると、「構造が絡む」局面では

たちまちお困りの連続です。社員教育も同様ですらから、当方に白羽の矢が立ちました。

 北から南の全国移動の中、熱心な企業があります。それは、沖縄県内にありました。

いつもの「那覇滞在」は、新都心と呼ばれる文教地区の小学校前に「滞在マンション」を

確保して、毎回概ね2週間の滞在です。

「毎週、土日」の「那覇の勉強会」の合間に「企業の設計部の底上げ」に協力です。2年間続きました。依頼者の「若女将」は、当方の勉強会に熱心にご参加され、1級建築士受験対策も出前させて頂き、無事、資格取得されました。

そのあと、当方へのご依頼がまさに「構造のわかる寺子屋指南」でした。

毎回設計部の方々が、10人程度参加され、「問答形式」にて「カリキュラム」の進行でした。

この企業の目の付け所には見習うべき要素が多くありました。設計部のみならず、営業部や総務部の方々にも「社内会議室」で本土から著名なコンサルタントを招聘でした。

さらに、沖縄県内の2社も同様に社員教育に取り組まれてご依頼を受けました。

 すると、今度は市役所の方からも定時後の庁舎の会議室にて「研鑽」のご支援の依頼を

受けて、北部の市役所・南部の市役所の2つの掛け持ちにもなりました。

さらに、民間確認検査機関からもお声が掛かりましたが「日程調整」がつかず断念され

ましたが、本土から距離的要因のある「離島」での反応に感謝しております。

沖縄本島は、南北に約100kmの細長い島ですから、「移動・滞在」がネックとなります。

本島以外にも、「南西諸島・先島諸島」と呼ばれる「宮古島・石垣島」にも赴きました。

日本列島の南北約3,200kmの最南端・最西端までの移動・滞在です。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、今年予定の「構造初心者向け勉強会 / 地方都市版」

である「寺子屋教室」も公民館をお借り出来れば来年から順次開催を企画しております。

現在企画中の地方都市は、来年早春2月中旬の「鹿児島市」です。ご期待ください。

寺子屋教室-6

R2年8月05日)

モバイルオフィス (その6)

モバイルオフィス(その6)

思えば、構造支援を始めて40数年となり、「教育事業」も10年近くなりました。

還暦も通り過ぎ、「健康管理」に留意しながら「全国各地」の後進の育成にお役に立つ

ことに毎日を過ごしております。

私の大好きな言葉、「学びに終着駅なし」・・・いつも心に秘めています。

地位や名誉などには無欲です。元気で人生のライフワークを邁進したいだけです。

今年(R2年)3月から運用開始したのが「モバイルオフィス (Mobile Office)」です。

モバイルオフィスとは、外出先や自宅など、オフィス以外の場所でも、モバイル機器や

ネットワーク技術を駆使してオフィスに近い環境を実現すること。・・・場所を選ばず

オフィス環境を得ることで、働き方の幅が広がることになるのです。

まさに、「ワーケーション」の実践となっています。

そのために「ステーションワゴン」に自宅の執務室と同じAC電源環境を整えたのです。

ソロ移動時には「昇降テーブル」を車内に配置し自由高さ調整の「執務机」です。

当然、「少し大きい複合機」も搭載し、「ADFスキャン・コピー」も可能にしています。

全国移動時の「通販」にも対応可能なように常に「車両に在庫」をご用意しております。

快適化のため、「実践」→「改善」をしばらく繰り返す予定です。

誰も取り組まない「試み」に常にチャレンジするのが「ライフワーク」となっています。

そして、いよいよ2021年には定期勉強会以外に本格的に「寺子屋教室」を各地方都市の

公共施設等をお借りして、「手取足取りの構造計算の手ほどき」にチャレンジいたします。

早春の寒い時は「南の温暖な地方」、夏の暑い時は「北海道に長期滞在施設」の利用です。

地方都市での「学び」に重要なのは「構造の理解が大切である」ことです。きっかけは

何でも構いません。「知らなかった」部分に目覚め、補強していく事の大切さです。

全国各地の「構造を見直す」ことに目覚めている方があることに感謝しています。

だからこそ「構造のわかる1級建築士」の見つめ直しをテーマに論評しているのです。

「学びに終着駅なし」です。ともにがんばりましょう。

寺子屋教室-5

R2年7月25日)

構造のわかる1級建築士 (その5)

構造のわかる1級建築士(その5)

思えば、構造支援を始めて40数年となり、「教育事業」も10年を超えました。

還暦も通り過ぎ、「健康管理」に留意しながら「全国各地」の後進の育成にお役に立つ

ことに毎日を過ごしております。

常に、誰も取り組まない「試み」に挑戦し続けております。

昨年(R元年)の秋頃から「移動媒介」である「車両」について新企画を進めていました。

概ね、「春先(2月)」~「秋(10月)」までは2週間ごとに全国各地への「ホテル生活」が

メインの状態で続きますが、今迄は新幹線・LCC飛行機・自動車移動が主体で「健康管理」しながら進めていますが、現在「モバイルオフィス (Mobile Office)」を運用しています。

出来る限り、地方都市での「学び」にこだわるのは「田舎での学びの壁」に疲弊したのが現在の継続をさせてくれる原因です。取り組みのスタイルは、「滅私奉公」であり「去る者は追わず来る者は拒まず」を大前提にボランティア精神なのです。

「構造の理解が大切である」ことを知ったのは一級建築士の免許証を頂いたのに「自分で構造計算が出来ない」ジレンマでした。きっかけは何でも構いません。

「知らなかった」部分に目覚め、補強していく事の大切さです。

日々全国各地の色々な方々からのメールもあり「地方都市での学び」にご支援出来るようモバイル体制を整える準備を決断したのです。まさに「寺子屋教室」そのものです。

全国各地の「構造を見つめ直す」ことに目覚めている方があることに感謝しています。

だからこそ「構造のわかる1級建築士」の見つめ直しをテーマに論評しているのです。

寺子屋教室-4

(R2年7月15日)

構造のわかる1級建築士 (その4)

構造のわかる1級建築士(その4)

思えば、構造支援を始めて40数年となり、「教育事業」も10年を超えました。

還暦も通り過ぎ、「健康管理」に留意しながら「全国各地」の後進の育成にお役に

立つことに毎日を過ごしております。

「東京・大阪」はいつでも「勉強会」は開催させて頂いておりますが、地方都市に

あっては、「会場の確保」「ホテル」「移動手段」と手配してもご参加者の少ないのに

毎回のように苦労します。自分自身も大阪から鉄路約3時間の日本海側の地方都市の

出身です。「大阪での法令講習」には一泊二日を余儀なくされます。正直、辛かった。

だからこそ、「地方都市」に着目して残りの人生のライフワークとして「地方都市開催」にこだわり、自分自身の苦労の体験を避けてあげたいのです。

来年(R3年)も、全国各地で開催予定ですが、自身の地方都市での苦労から一層の情熱を

傾けて「鹿児島市」「金沢市」「仙台市」「岐阜市」などの開催も模索しています。

他の地方都市でも大歓迎です。我が町での「開催ご希望」がございましたら「アンケート」にて是非リクエストをお待ちしています。

また、セミナー時間を午後のみとした「プチ勉強会」の地方都市開催も模索しています。

「学び方」は人それぞれです。当方の自宅学習の「基本学習編」が大変人気があります。

A4版 / 309ページにも及びますが、学ぶ気持ちの「初志貫徹」さえあれば苦になりません。

お陰様でご好評を頂き着実に「学び」を身に付けて頂きたく願う当方にしてみれば嬉しい限りです。「構造を見直す」ことに目覚めている方があることに感謝しています。

だからこそ「構造のわかる1級建築士」の見つめ直しをテーマに論評しているのです。

寺子屋教室-3

(R2年7月05日)

構造のわかる寺子屋指南 (その3)

構造のわかる寺子屋指南(その3)

耐震偽装事件から「法改正」となり、全国各地へ出向き様々な「構造のご支援」を開始して、10年以上の歳月を費やしております。また、その「活動」の中に多くなってきた

ものとして「滞在型ご支援」として、「構造のわかる寺子屋指南」があります。

日本列島の南北約3,200kmの移動・滞在ですから「経費」も掛かります。

友人から「滅私奉公」と言われ、なるほど的を得ているなと感心しますが、「企業」として

「利益追求」なら「売上向上」「経費削減」が至上命題となります。

「ボランティア」は精神論・・・成り立つ工夫を実践しています。

「通信販売」も含め、「滞在型のご支援」では「カプセルホテル」の利用が多くなりました。

資金に余裕があれば、仕事でも使えるキャンピングカーの利便性も十分承知しています。

6帖一間を背中にトラックに架装された「キャブコン」タイプでは1,000万円を超えます。

運転席の後席に食卓テーブル・キッチン・TV・家庭用エアコン・トイレ・クローゼットや寝室にベッドも装備され、屋根全面にソーラーパネルを貼り付けて「リチウムイオン電池」を走行充電も兼ねた大容量のディープバッテリーとすればAC100Vが不自由なく安心して使用出来る。自宅環境と同じ・・・「移動執務室」にもなる・・・「夢」です。

庶民の移動は、新幹線・LCC飛行機です。最近になって「自家用車移動」が大変多くなり

走行距離も10万kmに及び、車両チェンジでは「寺子屋教室」向けの移動・執務・宿泊の

出来る少し大きいミニバンとしました。今まで以上に「安全運転」に心掛けています。

唯一、困るのが大都市での「自家用車の駐車代金」が高いことです。

北海道では、村営の長期滞在施設 ”コテージ”があり有効利用も視野に入れています。

陸路移動の大半は、「高速道路」ですが、北海道への「車両持込」は「長距離フェリー」と

なります。関西から北海道へは、「舞鶴」「敦賀」や「名古屋」から「小樽」「苫小牧」への

20時間又は48時間にもなる長時間の「船旅」となり、日本海や太平洋の外洋での航行中は「通信が圏外」となります。

四六時中、インターネット・メールで対応なので「たまには気休め」となります。

おすすめコンテンツ