構造支援・構造設計塾のハシテック

MENU
構造支援・構造設計塾のハシテック
構造支援・構造設計塾のハシテック

初心にかえる学び-3

(R3年5月05日)

学びを阻害するものは「何か」を考える(その3)

学びを阻害するものは「何か」を考える(その3)

滋賀県高島市在住の「貴瀬 勝さま」とは、過去に「構造設計1級建築士受験対策」に

おいてお出会いしました。彼は、学芸出版社から一冊の本を出されています。

題名は、構造計画ここがまちがうで「構造計画の重要性」から「勘所」や「応用」に

つきやさしく分かりやすく述べられています。

また、元日本住宅公団の「海野 哲夫さま」の彰国社から出版されているシリーズの単行本でも「構造学再入門」など、「構造を知る」上でお役に立つ書籍は沢山出回っています。

京都の「上野嘉久さま」とは、大学も同窓であり「行政から見た構造設計」や最近では

「実務から見た構造設計」等執筆活動をされており、久しくお会いしていませんが、この「上野 嘉久さま」は、手品も余興で出されたりしており今でも「学びの友」でもあります。皆さんが「学び」に対して「阻害するもの」は「何か」を考えられたのは、「国家試験」の受験対策時になるはずです。実際、お勤め先の「職場」にて「先輩」が「構造」について

やさしく分かるように解説したり、教えてくれますか?

私には幸いにも、「若年期」にたまたま故郷にて「理解ある先輩」に巡り合えました。

その方は、「鉄工所」に勤務され、10歳位年上で、人格もよく人々から「信頼」されて

地域の様々な「役職」を引き受けながら、超多忙な中、至らぬ「私の特訓」をして下さり

「鉄骨造の構造計算」が一人で出来るようになるまで教えて下さいました。

しかし、その先輩は「僕は、鉄しか分からない」「僕のそばにいては鉄の片輪になるぞ」と暗に、全ての構造形式の「構造を知る」ことを促されました。

この時こそ、「オ―ルマイティ」にどんな「構造物」でも「構造計算」が出来るようになる

為に「背中を押された」時でした。もう、後戻りも許されずただただ「勉学」の中にある

「高等数学」の「非線形」の学びに入り込んだのです。

時を同じくして、時代は「新耐震基準」に入ったのです。「弾性域の理論」はとても簡単な「四則演算」、しかし、「塑性域」は違うのです。「変形の把握」を要求していました。

だから「一次設計」の「許容応力度計算」から「二次設計」の「崩壊形」へ学ぶコマが

一気に進んでしまい、「ついていけない」が続出するのです。

「学びを阻害するもの」は「教育カリキュラム」でも「学校教育制度」でもありません。ご本人の「学ぼうとする意欲と気力」です。「あきらめる」のは何時でも出来る。

折角、飛び込んだこの分野、「他の方」に出来て自分に出来ない理由を再考して見ましょう。最初から、「苦手の分野」を避けて通ることが脳裏にありませんか?

そこが、「問題の根底」なのです。イヤなら「辞めて他の職業選択」しなさいです。

イヤイヤするなら「どの分野」を選んでも結果は同じです。東京の八王子に友人があり

彼は「建築」が好きでたまらない・・・「楽しく建築」を業務にしていると申されました。

 

 

 

 

 

5月、7月、9月の奇数月に「リモート学習」を開催 !!

(R3年5月09日)

5月、7月、9月の奇数月に「リモート学習」を開催 !! 
 
コロナの影響で緊急事態宣言等から、ご参加しにくい方のためにZoom本格運用です。
 
ご好評の「リモート学習」は、14:00~15:50の概ね2時間です。

この「リモート学習」は、専門用語を分かりやすく解説するもので

このあと奇数月(5月、7月、9月)に開催いたしますので、HPをご覧下さい。

5月は、「付着割裂破壊」と「壁エレメントモデル」 / 「付着割裂破壊」は無事終了しました。週末土日に開催中 !! 

7月は、「横補剛」と「露出型柱脚」 / 6月01日(火)に参加者募集を情報公開 !! 

9月は、「崩壊メカニズム」と「塑性理論」

を予定しています。

音声と映像のリアルタイムでご質問もOK、お顔を消す事も可能です。

 
ご希望の方は、トップページにある「リモート」に情報公開していますので
その最下段の「申し込みフォーム」からご参加お申込みが出来ます。
 
最新版のインターネット接続環境を整えられて、ご参加をお待ちしております。
リモート開始の10分前に「招待メール」いたします。→ 「Zoom」使用が可能になります。
終了時間まで、当方から「Zoom接続」いたします。
 

 

R3年 黄色本攻略から即戦力の実務演習・・・第3回-申し込み

    お申し込みセミナー R3年 黄色本攻略から即戦力の実務演習・・・第3回-(西宮、東京、福岡、札幌)
    西宮開催

    東京開催

    福岡開催

    札幌開催

    8月20日(金)東京会場のご参加者

    貴社名
    お名前(必須)
    フリガナ(必須)
    郵便番号(必須) -
    ご住所(必須)
    電話番号(必須)
    FAX番号
    メールアドレス(必須)
    お問い合わせ

    上記、送信内容を確認しました。

    初心にかえる学び-2

    (R3年4月25日)

    設計事務所は教習所ではない(その2)

    設計事務所は教習所ではない(その2)

    世にいう「耐震偽装事件」のあと、「構造支援のハシテック」として10数年以上の滅私奉公で見たものは・・・。

    桜咲く4月、意気揚々とこの世界に入り、自分の知らないあらゆる建物の『設計行為』について先輩諸氏に寄り添いながら、切磋琢磨の社会人としての人生が始まったはずです。

    大学の建築学科系の卒業生にとっては、2年後には「1級建築士」の国家試験が待ち構え

    「実務」を手ほどきされながら「受験対策」となり、誰か「やさしく教えてくれる方」はいないのかなぁ・・・が現実でしょう。しかし、社会は容赦なく厳しいはずです。

    某資格学院など「建築士の国家試験予備校」では、東京大学卒業生までお世話になって

    いる始末です。「1級建築士の合格」だけが人生目標ならそれでもよいでしょうが・・・。

    一人の元1級建築士の耐震偽装事件により、「建築基準法」「建築士法」が改正されて今迄

    以上に、「建築士の国家試験」の難易度が上がり、特に「学科Ⅳ=建築構造」の設問内容に「弾塑性設計」が中心となり、また全ての構造形式を満遍なく理解したりその実践を経験しないと毎年「不合格」の不運となってしまいます。

    「しっかり共に学ぼう」と誰が、貴方の背中を押してくれますか?

    先輩達は、「設計事務所は教習所ではない」と言うはずです。もっとも、その通りです。

    自ら、「学び」「考え」「実践」をコツコツ継続する以外にありません。

    私の故郷は、兵庫県の日本海側の小さな「田舎町」です。将来を真剣に考える「両親達」は県庁所在地の「神戸」とか「大阪」や「首都・東京」の「エスカレータ式」の進学コース選択に躊躇いたしません。最近、「全国各地」では「医学部進学」の予備コースに関する

    「教育ビジネス」の繁盛ぶりに唖然としています。「医は算術」なのでしょうか・・・。

    確かに「人間」の根本は「健康」です。しかし、それを見越したように乱立する「教育」は真の教育ではないように思えます。

    さて、皆さんが何らかのきっかけで「建築」という分野に足を踏み入れた以上、その「道」は途方もなく、永遠に続く「終着駅のない道」です。文部科学省の規定による「建築学」のカリキュラム構成に問題があるのに中々是正されません。何故、「一人の元建築士」の

    耐震偽装を見抜けなかったのでしょう・・・そこを考えると、「建築士免許」に欠けているものがはっきりと見えるはずです。「行政の不作為」に対して誰も声を上げません。

    平成19年6月の「建築基準法の改正」では、「適合性判定」なる制度は「実務者」に

    「おんぶにだっこ」であり、「行政側の責任回避」にすぎません。ことの根幹は「何か」が置き去りにされてしまっています。「構造を知る」が分かれば「難易」なのものではありません。ここで「建築の骨格」を理解して頂き「初心者としての対応」を解説して参ります。

     

     

     

     

     

     

     

    令和3年度・構1修了考査問題の出題形式等の変更についての対応 !!

    (R3年4月22日)

    お知らせ !!
     
    令和3年度・構1修了考査問題の出題形式等の変更についての対応 !!
     
    ※教育普及センターよりお知らせが出ていますのでカリキュラム内容にて対応して参ります。
     
    ※今後の政府施策を見ながら常に「答えの導き方」にカリキュラム内容を配慮いたします。
     
    以下が教育普及センターよりの変更等の内容です。
     
    【法適合確認】

    出題形式    

    ・理由記述付き 4肢択一式 10問

    ・記述式問題 3問

    変更箇所 / 出題科目に変更はなし

    ・「理由記述付き4肢択一式」を追加し、記述湿問題を5問から3問に変更です。

     

    【構造設計】

    出題形式    

    ・理由記述付き 4肢択一式 10問

    ・記述式問題 3問

    変更箇所 /  出題科目に変更はなし

    ・「4肢択一式」の出題形式を「理由記述付き4肢択一式」に変更し、問題数を20問から10問に変更です。

     

    【共通事項】

    「理由記述付き4肢択一式」とは、正答肢を選択するとともに選択した理由を記述する問題です。

     
     
    学び方は人それぞれです・・・しかし、誰も教えてくれません・・・誰もご支援していない
    取組みこそ私のライフワークです。
    画像は東京会場です。JR埼京線「浮間舟渡駅」のプラットホームから見えている超高層ビルです。
     
     
     

     

     

     

    緊急事態宣言についての対応 !!

    (R3年5月10日)

    お知らせ !!
     
    東京都・大阪府・兵庫県・京都府・愛知県・福岡県に緊急事態宣言の発出中です。
     
    ※緊急事態宣言中はリモート学習・リモートセミナー対応としています。
     
    ※今後の感染者数の拡大状況を見ながら常に「安全な対応(順延)」を考慮します。
     
    今年は以下を予定していますが、状況変化により開催日程を調整して情報を
    随時更新いたします。ご了承ください。
     

    (5月)

    5/22-23   西宮 (Zoomリモートセミナー開催)
    5/29-30   帯広
    (6月)
    6/05-06     札幌
    6/12-13   広島
    6/19-20   福岡
    6/26-27   東京
    (7月)
    7/10-11     札幌
    7/24-25     札幌
    7/31-8/01  福岡 (Zoomリモートセミナー)
    (8月)
    8/07-08     西宮
    8/21-22     東京
    8/28-29     西宮
    (9月)
    9/04-05     札幌
    9/11-12     福岡 (Zoomリモートセミナー)
    9/18-19     東京
     
    早く収束を願うばかりです。
     
    学び方は人それぞれです・・・しかし、誰も教えてくれません・・・誰もご支援していない
    取組みこそ私のライフワークです。
    画像は東京会場です。JR埼京線「浮間舟渡駅」のプラットホームから見えている超高層ビルです。
     
     
     

     

     

     

    初心にかえる学び-1

    (R3年4月15日)

    寺子屋教室 (その1)

    寺子屋教室(その1)

    毎日「メール着信」の中、どうしてこんなご質問を今さら・・・と感じたり、また業務に「追い込まれて」レスキューの駆け込み事が多いです。「構造のご支援」として全国各地で体験してきたものから、新規に取り組み中の「初心者向け勉強会(寺子屋教室)」を少し掘り下げて論評します。

    実務に、「意匠」しか行わないとか特定分野のみ関わっていると、「構造が絡む」局面では

    何らかの技術基準の解説書が必要となりますが、ここで出てくる文献が「2020年版黄色本」であり、全798ページにも及ぶ分厚いもので、初めて見た方は内容の多さや中身の記述に唖然として閉口です。これを、隅から隅まで一行一句読み通し、熟読せよとは過酷です。

    しかしながら、正式には、「2020年版 建築構造関係技術基準解説書」となっており、

    実務者には「ボロボロ」になるまで「手あか」が付くほど劣化する事を切望いたします。

    ただ、実務経験の少ない「初心者」や「意匠しか関わらない一級建築士」には大変な学びの「壁」となっているのです。だからこそ、当方は「滅私奉公」と揶揄されようとも、真摯に取り組むことが「ライフワーク」として頑張れるのです。

    私の郷里は、大阪から鉄路3時間の日本海側にある兵庫県北部です。この地域は、多雪区域のど真ん中で、冬型の気圧配置になりますと、中国山脈を分水嶺とした瀬戸内海側の「お日様」を受けた「革靴でも歩ける都会」に否応なく憧れました。

    「山の陰」と言われる人口減少が続く典型的な過疎地なのです。

    晩年の「活動」、誰も取り組まない「ご支援」に全力投球して「距離の壁」で苦しんだ自身の「苦しみ」を避けて、逆に当方からの「出前教室」に取り組む事にいたしました。

    R3年の取り組みのスタートは、早春2月の「かごしま県民交流センター」でしたが

    「緊急事態宣言の延長等」に翻弄され、残念ながら「見送り」と相成りました。

    世の中の推移に合わせて「リモート対応」を構築して音声と映像のリアルタイムです。

    新建築士制度における「構造設計一級建築士」の講習制度や「付与資格のあり方」も

    いずれ、議論の対象となるはずです。「中央集権化」の弊害も取りざたされ、「デジタル化」

    の世間の推移動向から、「政策のあり方」にも言及されてくる事を期待いたします。

    今秋までにある衆議院議員選挙で、しっかりと「国民の権利」の行使です。

     

     

     

     

    ルート③適判員・構1対策有料ZOOMリモート学習 / 第二弾を開始、5月の週末・土日の午後開催・参加者募集 !!

    (R3年4月05日)

    「ルート③適判員・構1受験の対策」を自宅で学ぶ
    有料ZOOMリモート学習 / 第二弾を開始、5月の週末・土日の午後開催・参加者募集 !!
     
    新型コロナの感染状況で宣言延長等から、全国各地のご自宅より「リモート学習」に
    ZOOMにてご参加出来るように開始、5月の週末・土日に同じ内容を2回ずつ開催です。
    ご参加日は、各自のご都合に合わせてお申込み下さい。
    お申込み時のご注意- (毎回のお申込みは、同じ内容の繰り返しです)
     
    ※「なるほど・これは分かりやすい」にこだわったオリジナル資料です。是非、ご体験下さい。
     
    各自のご都合に合わせて、ご参加をお待ちしております。戸惑う事が多いと思いますが、
    リモート学習にご参加の場合、各自のメールアドレス・パスワードをZOOM登録されて
    主催者である当方より「招待用URL」をご参加希望の方へメールにて送付いたします。
    あとは「参加の意思表示」で当方の有料ZOOMリモート学習に当方からの「ご招待」で
    ご参加となります。
    メールアドレスにより、PC・スマホ・Ipadなど接続機器はどれでも可能です。
     
    各自にて、https://www.sedesign.co.jp/blog/how-to-use-zoomより、サインアップされ
    アクティベート(オンライン無料接続)して下さい。→ 「ZOOM」使用が可能になります。
     
    ご参加お申込みは、トップページの「対面セミナー・勉強会一覧」にご用意していますので、
     最下段にある「申込みフォーム」よりご参加を送信して下さい。
       お申込み時のご注意- (毎回のお申込みは、同じ内容の繰り返しです)
    当方より、即時ご連絡メールし、事前に「zoomの接続」を確認してご参加に支障のないようにいたします。
     
    【有料ZOOMリモート学習の開催日程 / テーマ】: お申込み時のご注意- (毎回のお申込みは、同じ内容の繰り返しです)
     
    第1回 / 5月08日(土) 14:00~15:50 (30分3回、途中2回休憩10分)  /  付着割裂破壊
     
    第2回 / 5月09日(日)   14:00~15:50 (30分3回、途中2回休憩10分)  /  付着割裂破壊
     
    第3回 / 5月15日(土) 14:00~15:50 (30分3回、途中2回休憩10分)  /  壁エレメントモデル
     
    第4回 / 5月16日(日) 14:00~15:50 (30分3回、途中2回休憩10分)  /  壁エレメントモデル
     
    ※このリモート学習は、「ルート③適判員・構1受験の対策」を自宅で学ぶものです。
     
     
    HPにて随時、ご参加案内しています。
    西宮の執務室環境の準備が整いましたので本格的に開始いたします。
     
    ・当方が「主催者」となり、「リモート学習 / 第二弾」をご用意いたしました。
     
    ・今後、通年の「対面セミナー」も「リモートセミナー」にする事で、
     さらにご参加頂きやすいものにしたいと思っております。
     
    スティホームに全国各地での「自宅学習」が便利になるよう推進いたします。
    「ご要望に応じて改善」を進めて「リアルタイムの理想的なスタイル」 となるように
    対応いたします。配布資料(A4版、各回6枚)は、Web上に公開しますのでございません。
    配布資料の必要な方には「PDFファイル」にてメール送信いたします。
     
    ご意見、ご質問、ご要望等がありましたら、ご遠慮なくメールにてお寄せ下さい。
     
     
     
     
     
     
     
     
     

     

     

     

    寺子屋教室は、対面・リモート対応の移行により6月にて終了します。

    (R3年5月05日)

    お知らせ 
     
    5月より、対面・リモート対応の移行により「寺子屋教室」は6月にて終了いたします。
     
    コロナの影響で、対面セミナーにご参加しにくい状況です。
    「Zoom」環境も本格運用を開始いたしましたので
    5月より、対面・リモート対応に移行しています。
     
    「寺子屋教室」は、5月の 帯広市、6月に広島市にて終了いたします。
    対面・リモート対応により、ご自宅からご参加が可能となり便利です。
    音声と映像のリアルタイムでご質問もOK、お顔を消す事も可能です。
     
     
     

     

    おすすめコンテンツ