構造支援・構造設計塾のハシテック

MENU
構造支援・構造設計塾のハシテック
構造支援・構造設計塾のハシテック

過疎地の活性化・雇用の創出に電解水生成装置の「フロンティア‐システム支援」を全国展開で推進 !!

(R3年9月20日)

過疎地の活性化・雇用の創出に電解水生成装置の「フロンティア‐システム支援」を全国展開で推進 !!

 

 新型コロナウイルスの感染拡大等で、日本各地に基幹産業の衰退が見受けられており

当方の「全国展開の教育事業」の過去14年の実績から「雛の論理」に基づく内陸部の過疎地に

限定した社会貢献の「クリーン・リフレ」を用いた「フロンティア‐システム支援」を推進 !!

 

【お知らせ】

 ※ 「フロンティア‐システム支援」バナー(ご案内入り口)を公開しています。

 ※ 全国47都道府県のうち、8県など海に面しない内陸部などに限定した過疎地の

   活性化・雇用の創出」にご理解頂ける町役場・村役場や地域おこし協力隊などの

       お問い合わせ専用コーナーです。町長・村長さまからのお問い合わせをお待ちしています。

 ※ 社会貢献の「全方位見聞録」を、11月初旬に「高知県」・来年2月下旬に「鹿児島県」にて

        推進します。

    ※ 目指す終局スタイルは「カスケード」です。

  カスケード (英語 cascade) の原義は、連なった小さな滝である。

  建築分野では人工的に作ったものを指す。

  さらにその派生として連続したもの、数珠つなぎになったものを意味する言葉として

  各分野で用いられる。

  日本語でのカスケードはこの派生用法が主である。

   ※ 「男のロマン」vs「女のガマン」の楽しい闘いの実践です。

 

「画像」は、北海道・宗谷岬に立つ間宮林蔵 像です。(令和3年7月15日現地で撮影)

 

 

 

                

 
 

 

リモート対応の学び-4

(R3年9月15日)

距離の壁(その4)

距離の壁(その4)

 

秋の気象状況で農作(稲作)と台風の関わりが気になる頃である。

そして、秋の考査もあと1ヶ月近くになり「ソワソワ感」がさらに高揚して参ります。

コロナの影響で、5月に本格運用させて頂き「リモート対応の学び」の中に取り入れていますが、通常の週末・土日の「各2日間5時間の勉強会」以外に、ショートカリキュラムである概ね2時間の「リモート学習」も天王山に近くなりました。

専門用語の解説から始まったこの取り組みは、まさに「直前の備え」や「備忘録」にも

なり、「心構え」の独自カリキュラムとしております。

 何故、ごのような「補講」をさせて頂いているかですが、「添削」なしに各自の学力

レベルを上げるには「ウィークポイント」を攻めるのと同じになるからです。

当方の願いは、「学びは、自己問答である」が基本ポリシーです。

通販テキストに「実力テスト」が付いており、「解答例」もあります。しかし、本来は自分で「答え」を見出す努力をしないと「他力本願」となってしまいます。

「基本学習編」が大変ご好評を頂いており感謝以外ありません。資料は「全12回の実力

テスト」があり「解答例」もありますので、「答えを先に見てはダメ」と申しています。

傍らに寄り添って居る訳ではありませんので、各自の真摯な学びに期待しています。

何度も同じ苦しみ(未修了)避けるには・・・何をどうすべきか・・・各自、自己問答のはず。

過去に多くの「脱落者」を垣間見ており、「初志貫徹」を貫き通す方のみ朗報があります。

当方は、「去る者は追わず来る者は拒まず」でIT機器に振り回されながら、今まで以上に

対面・リモートも同時に各地で実践して参ります。

是非、便利な「音声と映像のリアルタイム」に活用されて共に学びましょう。

ささやかなご支援をいたします。

 

 

ルート③適合判定員・受験対策勉強会 安全に10月・11月開催のリモート対応に変更 !!

(R3年9月20日)

お知らせ !!
 
9月30日まで緊急事態宣言の延長等となり、10月以降の見通し等によりコロナの影響を考慮し
安全にご自宅からのご参加となる「リモート対応」とします。
 
 
※3年に一度のルート③適合判定員の検定が今秋にあり、主催者(防災協会)からHPに日程が公開されています。
 
受付申込書の期間は、9月15日(水)~10月15日(金)、検定は12月08日(水)となっていますので、以下の日程で
受験対策勉強会の「リモート対応にご参加者募集」と通販を受付中です。
10月以降の新型コロナウイルスの感染状況等で、安全に「10月開催・11月開催の西宮からのリモート対応」に変更します。
10月開催の10/23(土)か10/24(日)、あるいは11月開催の11/20(土)か11/21(日)のいずれか1日のご参加日を選択頂けるように配慮しました。
また、既にご参加確定の方には開催日時にご希望に沿うよう調整させて頂きます。
リモートセミナーに用いる当日配布資料は、ご参加確定の方へ事前(概ね1週間前)に「レターパックライト(実力テストを除く)」にお送りいたします。
当日のご参加が無理な方には、通販を受付中 !!
 
【9月01日(水)の防災協会の受付期間の発表】より以下の日程で開催
 

【10月開催】 : 西宮よりZoomリモート対応

10/23(土)  / ルート③適合判定員・受験対策勉強会  : 西宮からリモート対応
10/24(日)  / ルート③適合判定員・受験対策勉強会  : 西宮からリモート対応

 

【11月開催】 : 西宮よりZoomリモート対応

11/20(土)  / ルート③適合判定員・受験対策勉強会  : 西宮からリモート対応
11/21(日)  / ルート③適合判定員・受験対策勉強会  : 西宮からリモート対応
 
当日のご参加が無理な方には、通販を受付中!! (11/30にて通販終了)
 
※ご参加・通販のお申込みは、トップページの「対面セミー・勉強会一覧」の中に「お申込みフォーム」をご用意しています。
 
 
早く収束を願うばかりです。
 
学び方は人それぞれです・・・しかし、誰も教えてくれません・・・誰もご支援していない
取組みこそ私のライフワークです。
画像は東京会場です。JR埼京線「浮間舟渡駅」のプラットホームから見えている超高層ビルです。
 
 
 

 

 

 

リモート対応の学び-3

(R3年9月05日)

距離の壁(その3)

距離の壁(その3)

 

立春から数えて210日や220日の農作(稲作)と台風の関わりが気になる頃である。

秋風も心地よくなると、秋の考査に「ソワソワ感」が充満して参ります。

コロナの影響で、5月に本格運用させて頂き「リモート対応の学び」の中に取り入れていますが、通常の週末・土日の「各2日間5時間の勉強会」以外に、ショートカリキュラムである概ね2時間の「リモート学習」も第一弾より順次ご用意して取り組み中です。

専門用語の解説から始まったこの取り組みは、まさに「言葉の意味」や「実践方法」に

ついて、「要点重視」の独自カリキュラムとなっています。

 過去に「沖縄県」でのご支援において、ご参加者からのご要望もあり構造に用いる

「外来文字」の大文字と小文字など、分かりやすい取り組みにしています。

結果的に、言葉の意味が分かれば・・・ついて行ける。そのことに尽きます。

過去に多くの「脱落者」を垣間見ており、「初志貫徹」を貫き通す方のみ朗報があります。

当方は、「去る者は追わず来る者は拒まず」でIT機器に振り回されながら、

今まで以上に対面・リモートも同時に各地で実践して参ります。

「距離の壁」を超えて、時間の許す限りお付き合いして下さる熱心なご参加者に対して

出来る事は、「何が欠けているか」「何にけつまずく」のかをつぶさに観察し、若年期に

当方も同じ苦しみのあった事を思い出しながら「より良き解決策」を提示出来るように

日々努力しています。

是非、便利な「音声と映像のリアルタイム」に活用されて共に学びましょう。

ささやかなご支援をいたします。

 

 

 

R3年(晩秋) / 構造計算適合判定資格者(ルート③)検定・受験対策勉強会(西宮よりZoomリモート対応)-申し込み

    お申し込みセミナー R3年(晩秋) / 構造計算適合判定資格者(ルート3)検定-受検対策勉強会
    10/23(土)の西宮よりZoomリモート対応ご参加

    10/24(日)の西宮よりZoomリモート対応ご参加

    11/20(土)の西宮よりZoomリモート対応ご参加

    11/21(日)の西宮よりZoomリモート対応ご参加

    当日配布資料通販

    貴社名
    お名前(必須)
    フリガナ(必須)
    郵便番号(必須) -
    ご住所(必須)
    電話番号(必須)
    FAX番号
    メールアドレス(必須)
    お問い合わせ

    上記、送信内容を確認しました。

    R3年(晩秋) / 構造計算適合判定資格者(ルート③)検定・受験対策勉強会(10月・11月開催の西宮よりZoomリモート対応) セミナー参加者募集と通販受付中 !!

    セミナー概要

    R3年(晩秋) / 構造計算適合判定資格者(ルート③)検定・受験対策勉強会(10月・11月開催の西宮よりZoomリモート対応) セミナー参加者募集と通販受付中 !!
    3年に一度の構造計算適合判定資格者(ルート③)・受験対策勉強会 !!
    新型コロナウィルス感染予防対策のため、安全に配慮し10月・11月開催の西宮よりZoomリモート対応とさせて頂きます。
    10月 / 23(土)と24(日)、11月 / 20(土)と21(日)のいずれかにご自宅よりご参加出来るZoomリモート対応にて開催します。
    当日配布資料は、ご参加確定の方へ事前に「レターパックライト(実力テストを除く)」にてご住所へお送りいたします。
    当日ご参加が無理な方には、通販を受付中 !! (11/30にて通販終了)



    R3年(晩秋) / 構造計算適合判定資格者(ルート③)検定・受験対策勉強会(10月・11月開催の西宮よりZoomリモート対応) セミナー参加者募集と通販受付中 !!

    3年に一度の構造計算適合判定資格者(ルート③)・受験対策勉強会 !!

    新型コロナウィルス感染予防対策のため、安全に配慮し10月・11月開催の西宮よりZoomリモート対応とさせて頂きます。

    10月 / 23(土)と24(日)、11月 / 20(土)と21(日)のいずれかにご自宅よりご参加出来るZoomリモート対応にて開催します。

    当日配布資料は、ご参加確定の方へ事前に「レターパックライト(実力テストを除く)」にてご住所へお送りいたします。

    当日ご参加が無理な方には、通販を受付中 !! (11/30にて通販終了)

     

     

     

     

    講座の概要

    ■ 3年に一度の「構造計算適合判定資格者(ルート③)・受験対策勉強会」です。
    ■ 各自の職場では 「教えて頂く」ことが困難な方のご支援です。
    ■ 公務員、確認検査機関での「資格者検定の受検対策」です。
    ■ 午前中は過去設問の「傾向」、午後には過去設問からの「対策・ルート③の構造審査の実務例」です。



    【講座内容】の概要と進め方

    ■ 3年に一度の「構造計算適合判定資格者(ルート③)・受験対策勉強会」です。
    ■ 各自の職場では 「教えて頂く」ことが困難な方のご支援です。
    ■ 公務員、確認検査機関での「資格者検定の受検対策」です。
    ■ 午前中は過去設問の「傾向」、午後には過去設問からの「対策・ルート③の構造審査の実務例」です。

    職場では誰も教えてくれず、実務で圧倒的に多い「S造2階建て・杭基礎・ルート③の実務例」を教材にしています。

    概ね、下記の内容で進行します。

    午前中 10:30~12:00・・・概要と過去設問(H30年のみ)の傾向と対策

    午後  13:00~15:20・・・過去設問からの「対策・ルート③の構造審査の実務例」など

                  独自カリキュラムで解説

        15:30~16:30・・・理解度に関する「ルート③関連実力テスト」をご用意し、

                  終了間際に「模範解答例」配布         

    【ご参加者の心構え】

    修了となるように 1 日間のコンパクトな受験対策勉強会です。

    建築物の構造関係技術基準解説書(黄色本2020年版)が必修です。

    構造計算実務例には日本建築学会の「諸規準」や黄色本がベースになります。

     

    【当方のご支援のあり方】

    全国津々浦々、理解度の違いも克服しながら「分かった、理解できた!!」を目指すものとして

    「全身全霊の全力投球」にてご支援を予定しています。

    すべては「黄色本」から始まります。

     

    日程

    (各自のご自宅からZoomリモートにご参加) 

    【10月開催】
    R3年10月23日(土)  10:30~16:30 
    R3年10月24日(日)  10:30~16:30 

    【11月開催】
    R3年11月20日(土)  10:30~16:30 
    R3年11月21日(日)  10:30~16:30 


    (各自のご自宅からZoomリモートにご参加) 

    【10月開催】
    R3年10月23日(土)  10:30~16:30 
    R3年10月24日(日)  10:30~16:30 

    【11月開催】
    R3年11月20日(土)  10:30~16:30 
    R3年11月21日(日)  10:30~16:30 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    会場

    (各自のご自宅からZoomリモートにご参加) 









    (各自のご自宅からZoomリモートにご参加) 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    定員

    (各自のご自宅からZoomリモートにご参加) 

    Zoomリモート対応 : 各回とも定員100名まで

    (各自のご自宅からZoomリモートにご参加) 

    Zoomリモート対応 : 各回とも定員100名まで

     

     

     

     

     

     

     

    受講費用(配布資料込み)

    一般の方

    対面セミナーご参加 : 13,200円(消費税、配布資料込み)

    通販 : 15,370円(消費税、配布資料、送料370円込み)


    ハシテック会員

    セミナーご参加 : 10,560円(消費税、配布資料込み)

    通販 : 12,370円(消費税、配布資料、送料込370円込み)

    一般の方

    セミナーご参加   :  13,200円(消費税、配布資料込み) 

    通販 :  15,370円(消費税、配布資料、送料370円込み)

    ハシテック会員

    セミナーご参加   :  10,560円(消費税、配布資料込み)

    通販 :  12,370円(消費税、配布資料、送料370円込み)

     

    主催

    構造支援のハシテック TEL0798-70-7033

    兵庫県西宮市六軒町3番10-101号
    担当:橋本千加子
    携帯:090-7101-7542

    講師

    橋本 省三

    橋本 省三

    構造設計1級建築士 あらゆる計算実務歴40年 元確認検査機関で適合性判定の審査を担当

    参加申し込みフォーム

    申し込みを行う

    注意事項

    ※ 本講座は、「構造計算適合判定資格者の合格」を保障、担保するものではありません。

    リモート対応の学び-2

    (R3年8月25日)

    距離の壁(その2)

    距離の壁(その2)

    今年6月に「広島市の寺子屋教室(コロナの影響で西宮からリモート)」を最後に、この

    行事は終了いたしました。少し残念なのは、ご参加者のお顔をみて本当の意味による

    「スキンシップの欠如」を感じています。コロナの影響でやむを得ない対応です。

    5月に本格運用させて頂き「リモート対応の学び」に経験回数を重ねて見ますと、自宅の

    「応接コーナー」が「臨時のスタジオ」となり、にわかにリモート機器の設置となります。

    通常の対面セミナー会場にもリモート対応を同じ会場で同時進行もしています。

     IT機器に振り回されながら、各地の研修室で実践して見ますと、電波のテザリング

    (端末とLAN等で接続された機器をインターネットに接続すること)などインターネット環境が

    良好でない場合、「接続の中断」も考えられます。

    窓際の研修室での接続状況では問題なく良好のようですし、屋内の深い場所の閉ざされた

    空間の場合は要注意となりますが、施設の仮予約など事務手続きも煩雑を極めます。

    「距離の壁」から開放され「便利なツール」であるのも事実ではありますが、対面に叶うものはなく、

    可能な限り対面セミナーも残ると思っています。

    かれこれ、平成19年の法改正から10年以上の歳月を歩んで来て「様々な取り組み」の中

    では、常に「距離の壁」を感じて、天候不順で空路・鉄路・高速道路など陸路の移動には

    気の休まる日々はありませんでした。今は、関西-北海道の約19時間の「長距離フェリー」の

    大型船内のPCコーナーにても「資料作成」も出来ており感謝しています。 

    「学びに終着駅なし」を信条に「二宮金次郎スタイル」を堅持しています。

    あるべき姿へまっしぐらに進ませて頂ける事に感謝しながら、「進化」したいと思います。

    今後、世の中の推移を見極めながら、「学びに終着駅なし」をリモート対応でも忘れては

    ならないと肝に銘じて「全身全霊」で取り組んで参ります。

     

     

     

     

     

     

    リモート対応の学び-1

    (R3年8月15日)

    距離の壁 (その1)

    距離の壁(その1)

     

    お盆も過ぎると、秋の考査が待ち受けておりこのテーマを掲載時には、「そろそろ本腰」にならざるを得ない頃で、

    各自の常日頃の「コツコツ積み重ね」の努力した方と「追い込まれたな」と感じる方など、人様々であり、まさに

    「人生色々」です。

    コロナの影響で、5月に本格運用させて頂き「リモート対応の学び」に経験回数を重ねて

    見ますと、「反省点や改善の余地」にリモートのあり方や戸惑いを無くする努力が必要です。

    真夏の7月には、北海道紋別郡西興部村公民館の会議室より「Zoom接続」をさせて頂き

    まさに「距離の壁」を感じず、全国各地の方々と「音声と映像のリアルタイム」でした。

     IT機器に振り回されながら、対面・リモートも同時に各地で実践しています。

    インターネット環境が良好であれば、「テザリング(端末とLAN等で接続された機器をインターネットに接続すること)」

    など接続方法の応用により「移動車内」からの「モバイル対応」も可能となっています。

    かれこれ、平成19年の法改正から10年以上の歳月を歩んで来て「様々な取り組み」の中

    では、常に「距離の壁」を感じて、天候不順で空路・鉄路・高速道路など陸路の移動には

    気の休まる日々はありませんでしたが、今は「長距離フェリー」の船内の時間が長いです。

     リモート対応の最大のメリットは、ご参加者の移動・宿泊など時間的制約が無くなる。

    この事が、執務や行動の支障から開放される唯一の便利享受になっています。

    無駄と思える政令の改正がない限り、「中央集権化」の弊害が、弱い立場の真面目な技術者に

    「協力を求めてくる」ように感じます。毎年の受験に、一泊二日を余儀なくされる方々の切なる声に

    政治の出番は・・・考えると、「選挙」の投票しかありません。

    故郷が地方都市である当方の若年期に困った事は「距離の壁」を解決する最先端IT機器が

    存在しなかった時代でしたが、今は5G時代であり「音声と映像のリアルタイム」に活用

    出来る恵まれた時代となっています。

    だからこそ、新建築士制度における「構造設計一級建築士」の講習制度や「付与資格の

    あり方」もいずれ、政令改正も政権次第で議論の対象となるはずです。

    大きな社会変革・再生(ルネッサンス)となれば、「中央集権化」の弊害も取りざたされ、

    より一層の無駄の排除となり、世論の推移動向から、「政策のあり方」にも言及されて

    くる事を期待いたします。

     

     

    「ルート③適合判定員対策・スマート学習」の通販テキストが好評

    (R3年8月30日)

    お知らせ 
     
    8月20日にて「ルート③適合判定員・事前夏季特別勉強会」のテキスト通販を終了いたしました!!
     
    ※ルート③適合判定員対策として、「スマート学習」A4版 / 20ページ
    コンパクト構成されたものに人気集中しています。感謝いたします。
    トップページの「テキスト購入」の自宅学習の構造設計編 / 商品番号007 にてご用意しています。 
     
     
     

     

    おすすめコンテンツ